注目キーワード
  1. SUPREME
  2. JORDAN
  3. adidas
  4. NIKE
  5. VANS
ファッションの流行をいち早くご紹介します!

【2020年最新】知らないなんてあり得ない!おすすめ人気 メンズストリートブランド まとめ(随時更新)

ここ数年盛り上がりっぱなしなストリートブランド。人気があるものはあっという間に完売し人気店舗での行列はもはや珍しいものではなくなって来ました。

人気アイテムとなると、オークション・フリママーケットでは高値で取引がされ通常の購入方法では入手することが困難な状態が続いておりメディアなどでも大きく取り上げられることもあります。

月間アクセス数約50万アクセスを誇る当サイトのアクセスを元に、今回は要注目ブランドや今年ブレイクしそうなブランドをご紹介していきます!(随時更新)


Supreme(シュプリーム)

James Jebbia(ジェームス・ジェビア)が手掛ける説明不要の超人気アイテム。近年の人気ぶりは異常といっていいほどですが、昨年から若干人気が落ち着いてきた感はありますが、それでもまだまだ人気。

著名人が着用することで大人気となり、その中でもTHE NORTH FACE、NIKEといったコラボアイテムが特に注目を集めている。個人的には2018年にコラボされたLOUIS VUITTONのようなラグジュアリーブランドとのコラボを期待している。

オンラインでの発売はほぼbotで購入されてしまうため、通常の購入方法で購入するのは難しい状態。

OFF-WHITE(オフホワイト)

こちらもSupreme(シュプリーム)同様、もはや説明不要の定番アイテムとなったOFF-WHITE(オフホワイト)。
Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)が手掛けイタリア製の素材にこだわり丁寧に作られ素材が良さが際立ちます。

近年様々なアートプロジェクトに関わりもはや自社ブランドだけにとどまらず、NIKE、LOUISVUITTON、IKEAなどのアイテムをプロデュースする人気者となっています。

余談ですがOFF-WHITEのブランドロゴである、「クロスアローロゴ」はグラスゴー空港で使われていたロゴだって知ってました?

FOG ESSENTIALS(エッセンシャルズ)

Jerry Lorenzo(ジェリー・ロレンゾ)が手掛けるストリートラグジュアリーブランド、FEAR OF GOD(フィア オブ ゴッド)のセカンドライン。

近年街中でもオシャレ感度が高い人が身につけるのを多くみるようになったが、本アイテムの魅力はなんといってもFEAR OF GODよりも価格がリーズナブルといったところだろう!Tシャツ等は5000円代と手が届きやすいため発売されると瞬く間に完売してしまうことが多い。

基本的には海外サイト(SSENSE、PACSONのみ)で展開となるが、国内のセレクトショップでも数週間遅れて発売されることもある。

AWAKE NY(アウェイクニューヨーク)

Supreme(シュプリーム)でヴィジュアルディレクターをしていたAngelo Baque(アンジェロ・バク)が手掛けるブランド。

PALACE、NOAH等のスケーターブランドの流れを受け、次に来るのがこのAWAKE NYと言われている。最近ではCarhartt(カーハート)とコラボし話題をさらっている要注目のブランド。

Palm Angels(パームエンジェルス)

MONCLER(モンクレール)のアートディレクターである、Francesco Ragazzi(フランチェスコ・ラガッツィ)によるブランド。

炎がトレードマークのブランドで最近では、ICECREAM(アイスクリーム)やUNDER ARMOUR(アンダーアーマー)とのコラボで話題となった。

Cactus Plant Flea Market(カクタス プラント フリー マーケット)

2019年にKanye West(カニエ・ウェスト)、NIKE(ナイキ)、HUMAN MADE(ヒューマンメイド)など名だたるコラボアイテムしスマッシュヒットを連発したブランド。

ブランドは、PHARREII WILLIAMS(ファレル・ウィリアムス)のアシスタントを務めていたCYNTHIA LU(シンシア・ルー)が手掛けている。

一流のチームとコラボしているが、公式サイトがちょっとダサいのが残念w

Girls Don’t Cry(ガールズドントクライ)

グラフィックアーティストであるVERDY(ヴェルディ)によるブランド。

2019年は一気にブレイクしたGirls Don’t Cryですが、話題となったのはAmazonとのコラボアイテムがフライングスタートしてしまったことにより大問題となりましたが結果としてGirls Don’t Cryの知名度・人気を押し上げる形となった。

今後の日本のストリートブランドは、Girls Don’t Cryを中心に回ること間違いなしといえる。VERDY氏はGDCの他、WASTED YOUTH(ウエステッド ユース)といったプロジェクトも手掛けている。

1017 ALYX 9SM(アリクス)

Lady GaGa(レディーガガ)、Kanye West(カニエ・ウェスト)を始め様々なクリエイティブディレクターを務めたMatthew Williams(マシュー・ウィリアムス)によるブランド。

最近ではSTUSSYとコラボし、国内のGR8、NUBIAN TOKYO等の感度が高いセレクトショップに置かれ2020年最重要ブランドと言われている。Matthew Williams名義でNIKEiconとのコラボスニーカーは、毎回人気で完売となることが多いです。

Drew House(ドリューハウス)

世界的アーティストであり、ファッションアイコンであるJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)が手掛けるブランド。

2019年1月のブランドスタート当初から人気があり、発売するたびに直ぐにソールドアウトが続いています。そのせいか商品が届くのも時間がかかるようです・・・

新作の発売告知はInstagramで行われているため気になる人はフォローをオススメします。尚、販売サイトは限られており、公式サイトとHBXの取り扱いとなっています。

M+RC NOIR(マルシェノア)

フランス・パリ発の会員制ブティックである”M+RC NOIR(マルシェノア)”。
このブティックが展開するオリジナルブランドがM+RC NOIRそのもの。

G-DRAGON、Wiz Khalifa、Rihannaなどの有名アーティストがこぞって着用し瞬く間に海外ではストリートブランドの地位を固めつつある。国内ではNUBIAN TOKYO、GR8などのセレクトショップで購入可能。

Diamond Supply Co.(ダイヤモンドサプライ)

サンフランシスコ発、Nick Diamond(ニックダイヤモンド)より設立されたスケートボードパーツブランド。

近年ではNIKEとのコラボスニーカーを発売し日本でも知名度を獲得、アパレルアイテムも展開しておりCHRIS BROWN(クリス・ブラウン)、Justin Bieber(ジャスティン・ビーバー)など多くの著名人が着用し日本でも火がつきはじめている。

国内での正規取扱店は今の所ないため、公式サイトで購入をオススメします。

Places + Faces(プレイシズ・プラス・フェイシズ)

ロンドン発のブランドで、写真家Ciesay(シーセイ)とSoulz(ソウルズ)が手掛ける“PLACES+FACES”。

以前から人気があり海外では、KANYE WEST、A$AP ROCKYなどが着用しており、国内のセレクトショップでもよくお目かかることができます。

おしゃれ好きならどれもこれも一度は聞いたことがあるブランドだと思います。

今後も2020年注目アイテムが登場次第随時更新します。

最新情報をチェックしよう!